【今、一般的に言われている”ブランディング”は7つのうちの1つだけにすぎない 】

PICKUP!!

それは、ただ”パフォーマンスブランディング”をやっただけです

私がワタミのブランド部にいた時の話を少しさせてください

ちょうどワタミがブラック企業大賞なるものを受賞し

世の中の多くの方が”ワタミ=ブラック”というイメージを持ってしまったあの頃

私はと言うと、そのワタミの社長室広報にいたのです

いくら、ポジティブで前向きな発信や事実をリリースしたとしても

(ワタミは震災前に自社で使うエネルギーをできる限りクリーンにするため風車を自費で建設したり太陽光発電も手掛けたり、日本の企業であのトマトをたくさん使う会社さんより早く自社農場で有機野菜を作り始めたり…、有機農業を事業にした先駆け的存在。実は、結構業界の当たり前を根っこから変える活動をしていたのです!!)

しかし…

どうせブラックでしょ

その言葉で、どんな取り組みも一蹴されてしまう現実を目の当たりにして

本当に悔しい毎日を過ごしていました…。

そんな中どうやったらこのブランドイメージを払拭できるかを現場で一生懸命考えたことが

私のブランディングにかける想いのルーツであったりします

さて、

今や企業だけでなく個人にもブランディングの重要性が一段と増している中、

世の中一般的にブランディングと言われていることについて語ります

実はそれ、ブランディングの専門家の私からしたら

7つのブランディングのうちのたった1つに取り組んで満足してるだけだから…

魅せ方、キャラ設定、SNSの発信、キャッチコピー、USPの設定

このあたりに一生懸命取り組んでいるだけでは

本当のブランディングとは言えません

なぜなら、これは7つのステップのうちの5番目に取り組み”パフォーマンスブランディング”と

呼ばれるブランディング中でも比較的後に取り組み課題です

これがなぜ巷で流行っているのかと言うと…

「すぐに」「簡単に」「わかりやすく」変化があるから

この言葉…

落とし穴です

簡単な分、剝がれ落ちるのも早い!!!

SNS上ではキラキラしているけど、

「実際あってみるとパッとしなかった」

言われたいですか?キャーーーーーッ、そレだけは言われたくない><

と言うあなた、ブランディングについてもう一度真剣に考え直してもらうタイミングかもしれません!!

そんな方に朗報!!

本来は私のクライアントパートナーさんにのみ公開しているレクチャー動画を

プレゼントしちゃいます!!

7つのブランディングとはなんぞや?!

それをどういう順番で組み立てレバ良いのか…。

そんなことをギュッと凝縮して15分にまとめて語っております^^